1.部分水換え(1週間に1回)

見た目には水がきれいでも、水中には魚に有害なアンモニアなどがたまりやすいので、約1週間に1回を目安に部分水換えをします。
※万一の感電防止のために必ず水槽用電気器具の電源プラグを抜いてから行ってください。

1.水道の水を排水する

 一度に約1/3程度の水を交換します。また、ガラスについたコケを落とすとともに、底床クリーナーを少しずつ移動させながら底砂全体を掃除します。とくに水流のない場所はゴミがたまっているので、念入りに掃除してください。




2.新しい水を用意する

 水道水をすぐに使う場合は中和剤で新しい水の塩素を中和します。さらにお湯を混ぜて水槽の温度と同じにします。





<ろ過材の掃除(1ヶ月に1回)>
上部フィルターの白マットは通常2~3枚使用し、ろ過バクテリアを洗い流さないように、1枚目だけを軽く水洗いし、2枚目を上にして再セットします。粗目マットは軽くすすぎ粗いにしてそのままセットします。ろ過材は水槽の飼育水で洗えば、バクテリアを殺さずに掃除ができます。



2.大掃除(半年に1回)

年に2回は大掃除が必要です。その際、バクテリアの急激な減少を避けるため、ろ過材の大掃除は同時にはしないほうがよいでしょう。
※水換えに使用するホースやバケツは、過去に灯油や洗剤を使用したものは使用しないでください。魚が死んでしまう場合があります。

1.電源を切り、水槽の水を抜く

 電気器具のプラグを切り、水槽上部のきれいな水をバケツ2杯分取り出します。



2.魚と水草を移す

 魚と水草を、水槽から別々のバケツに分けて移します。(長時間かかる場合は魚のバケツにエアレーションを行い、冬は安全を確認しながら保温器具を入れます。)
 水槽内の底砂、岩、流木、ヒーターなど、全てを取り出して水洗いします。





3.底砂や器具を洗う

  底砂の掃除は、バクテリアの流出を抑えるため軽くゴミを洗い流す程度にします。

 ※洗剤は絶対に使用しないでください。



4.水槽に魚と水草を戻す

 底砂や器具をセットした後に、水道水を中和剤で中和して水温を調節した新しい水を、水槽に1/2ほど入れます。その後、バケツに入れた魚と水草を水槽に戻します。

 ※魚を戻すときには、水温を合わせてから行います。



●pH(ペーハー)値の経時変化と水換えのタイミング

今すぐ始められる水槽セット 水槽を鮮やかに照らす